×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紀南養護専攻科を考える会



障害者の青年期教育
〜ぼくらだって大学に行きたい!〜


「紀南養護専攻科を考える会」設立記念講演会の模様

日時:2006年9月21日(木)午後1時〜
場所:上富田文化会館(HP)
講師:松下 喜美代氏
   (和歌山専攻科を考える会代表)


参加者の皆様
平成18年9月21日(木)晴天の上富田文化会館には,約70名の人々が集いました。

まず行われた設立総会では,会則の承認と役員が選出され,出口幸三郎(はまゆう養護学校育友会進路対策部長)が会長に着任しました。



松下喜美代さんの後援の様子

その後,松下喜美代さん(和歌山専攻科を考える会代表)による「障がい者の青年期教育〜ぼくらだって大学に行きたい〜」と題した講演が行われました。
大阪の専攻科へ通った自分の息子やメンバーの子息を例にしながら専攻科の必要性,素晴らしさを力強くアピールしていただきました。



パネルディスカッションの様子

続いて行われたパネルディスカッションでは,はまゆう養護学校の鈴木三喜先生をコーディネーターに,松下さんと「和歌山専攻科を考える会」の宮里千晴さん,新正千珠さん,そして出口会長を交えて開催され,20歳までの教育を受ける選択肢への願いが確認されました。



フォレスクールガイド